Guide

Help Center

1. WOL利用環境の確認

  1. 1.1 有線LANの接続確認
  2. 1.2 BIOS設定確認
  3. 1.3 ネットワークカード設定
  4. 1.4 MACアドレスの確認
  5. 1.5 電源起動テストを行う

PCがWOLに対応しているか、環境設定を行いテストを行います。
電源起動テストを行うためには、同じネットワーク上にあるPCが2台必要です。

1-title

1.1 有線LANの接続確認

電源起動する<PC2>が、有線LANでインターネットに接続されていることを確認します。

1-1-check

1.2 BIOS設定確認

電源起動する<PC2>のBIOSが、WOL機能に対応するように設定されている必要があります。

次の手順で設定確認を行います。

  1. PCを起動後、直後に表示される初期画面で[delete]キーを押し、BIOS設定画面に入ります。
    (一般的には[delete]キーですが、マザーボードやPCのメーカーによって[F1]キーや[F2]キーの場合もあります。)
  2. 設定画面のメニューから「電源管理関連のメニュー」を選択し、WOLの機能を有効にします。
  3. 設定を保存して、PCを再起動します。
1-2-bios-1
1-2-bios-2
1-2-bios-3
1-2-bios-4
BIOSでWake-on-LAN機能を有効にする画面例
BIOS設定の方法を動画で確認する
BIOSで設定すべき項目例
電源管理関連のメニュー
  • [Power Management Setup]
  • [Power] - [APM Configuration]
  • [Advanced] - [APM]
  • [Power Management Event]
WOL設定メニュー
  • [WOL]
  • [Wake On Lan ~]
  • [Remote Wakeup]
  • [PME Event Wake Up]
  • [Power On by PCI Device(PCIによる電源ON)]
  • [Power On by PCIE Device(PCIEによる電源ON)]

1.3 ネットワークカード設定

電源起動する<PC2>のネットワークカードが、WOL機能に対応するように設定されている必要があります。

1.3.1 デバイスマネージャーの表示

  1. [window]キー+[R]キーを同時に押します。
  2. 実行ウィンドウが表示されるので、名前に「devmgmt.msc」を入力しOKを選択します。
  3. デバイスマネージャーが表示されます。
1-3-1-device

1.3.2 ネットワークアダプターの設定

リストの中から、ネットワークアダプターをダブルクリックします。

1-3-2-device-active-1

1.3.3 WOL関連機能の設定

[詳細設定]タブに移動し、[プロパティ]のWake on Magic Packetを有効にします。

1-3-3-wake-on

1.3.4 電源管理を有効にする

全ての項目にチェックをして、OKを選択します。

1-3-4-magic-packet

1.4 MACアドレスの確認

同じネットワーク上にある複数の機器の中から、電源起動する<PC2>を指定するために、MACアドレスが必要です。

  1. [window]キー+[R]キーを同時に押します。
  2. 実行ウィンドウが表示されるので、名前に「CMD」を入力しOKを選択します。
  3. コマンドプロンプト画面に「ipconfig /all」を入力します。
  4. イーサネットアダプタの物理アドレスでMACアドレスを確認、メモします。
  5. PCを終了(またはスリープに変更)し、テストの準備を行います。
1-4-mac-address

1.5 電源起動テストを行う

WOL機能を使い、<PC2>の電源起動テストを行います。

  1. <PC1>電源管理するPCでRemoteWOLテスト用アプリケーションをダウンロードして実行します。
  2. メモしておいた 電源起動する<PC2>のMACアドレスを入力します。
  3. 「電源起動テスト」をクリックして、<PC2>の電源起動を確かめます。
1-5-test